ディスプレイ修理「iPhone修理工房」さんにて(iPhone6s)

iphoneディスプレイ iPhone
stevepb / Pixabay

iPhone落下 から ひび割れまで

先日、誤ってスマホ落下させてしまい、以下のように画面がバキバキに割れてしまいました。

このとき、apple純正の革製スマホケースを使っていましたが、画面の下の方は保護されないような作りになっており、ちょうどそこの部分が地面にヒットする形で落下したため、あえなく全体にヒビが入ってしまいました。

iPhone6sディスプレイひび割れ

修理業者探し から 修理まで

画面が割れてから新しいiPhoneが届くまでの間、画面バキバキの状態で使用していましたが、小さいガラスの破片が刺さったりして、かなり危険でした。
電車であたりを見回すとたいてい数人は画面が割れていたりしますが、気にならないのでしょうか??

数日後、新しいiPhoneが届いたので、壊れたスマホをそのまま放置するのももったいないと思い、修理することを決意しました。

自宅周辺で修理していただける業者を探したところ、「iPhone修理工房」さんが見つかりました。

早速出かけて修理を依頼したところ、破損状態は3段階に分かれると説明がありました。

ガラス割れ

ガラスのみに軽度な破損があり、タッチパネルの動作や液晶にはダメージがない場合。 落下や誤って踏んでしまったなどの衝撃によって、ガラスにヒビが入った・割れたなど、破損・故障したフロントパネルを修理します。 ※単純なガラス割れに見える場合でも、液晶に不具合が見られるケースが多く、その場合は液晶破損としての扱いになります。

液晶破損

タッチパネルの動作に異常があり、液晶にダメージがある場合。 落下や誤って踏んでしまったなどの衝撃によって、ガラス・液晶にヒビが入った・割れた、画面がちらつく・正しく表示されない、タッチパネルの操作ができない、反応が悪いなどの、破損・故障したガラス・液晶パネルを修理します。

バックパネル修理・交換

落下の衝撃などで割れたバックパネルを修復します。

診断頂いた結果、私の場合は、「バックパネル修理・交換」に該当し、修理代が一番高くなるとのことでした。

その次に交換部品の説明があり、「正規版」と「廉価版」のどちらで修理を行うか選択を迫られました。
廉価版」は若干白みがかるという点と、価格差としては3000円程度でしたので、筆者は「正規版」を選択しました。

修理は1時間程度で完了するとのことでしたので、その辺をぶらぶら過ごし、きっちり一時間後に来店したところ、無事に完了していました。

交換後のスマホを見たところきれいに交換されて帰って来ました。

その後

交換後の不具合もなく、快適に使用出来ています。
スマホケースも全体を保護できる【Spigen】(シュピゲン)に変更しました。
ちょっとごつい感じがしますが、これなら落としてもちゃんと保護してくれそうです!

装着後はこんな感じです!
黒いスマホに、黒いケースなのでわかりづらいですね(汗)

ディスプレイ修理後、スマホケース装着

コメント