インバウンド 地方の新たな集客手法とは?

学び
JESHOOTS-com / Pixabay

訪日外国人数の推移

東京オリンピックまでいよいよあと1年にせまってきております。
東京オリンピックが決まって以降は徐々に外国人が増えてきていることを実感しています。

日本政府観光局 (JNTO) の発表統計より、2013年に初めて訪日外国人が1000万人を超えて以降、爆発的に増加しております。

年別に見ると以下の推移となっています。
2013年:1,036万人
2014年:1,341万人
2015年:1,973万人
2016年:2,403万人
2017年:2,869万人
2018年:3,119万人

2020年から2030年までの目標

日本政府の目標によると2020年までに4000万人、2030年までに6000万人を目指しているとのことです。
東京オリンピック後も大阪万博が翌年に控えているので、東京オリンピック後に落ち込むのかどうか気になるところです。

地方の新たな集客手法とは

これまで地方は観光客を集客するためにゆるキャラを用いて集客していましたが、ゆるキャラブームを終焉を迎えつつある今現在では他の集客手法を用いているようです。

それは主に海外の観光客を集客するために、海外のYoutuberを活用することです。
海外のYoutuberに各地の名所を紹介してもらうスタイルです。

紹介してもらう際はなるべくYoutuberのスタイルに任せ、自然に紹介してもらうスタイルが良いかもしれません。それは日本人と外国人とで感じ方が異なるからです。

例えば日本では温泉文化が根付いており、裸で温泉に入ることは何も気にしませんが
海外の方は「裸で入るなんてありえない」という人もいるわけです。

コメント