サラリーマン スーツの色選び

学び
SplitShire / Pixabay

サラリーマンのみなさん!毎日スーツを着ての会社勤務お疲れ様です!
そんな筆者も同じ仲間です。

突然ですが、スーツの色ってみなさんどのように決めていらっしゃいますか??

新卒のときに紺、黒系を選んだ人は今も似たような感じの色のスーツを着ているのではないでしょうか?最初からグレー系の人は今もグレー系ですか??
個人的な感想ですが、グレー系を着ている人はちょっとおしゃれに感じます。

筆者も新卒のころにグレーのスーツを持っていましたが、今はあまり似合わないなーという固定観念ができてしまい、紺、黒系のスーツを着回しています。

前置きが長くなりましたが、今回はスーツの色の意味を初めて知ったので、それを忘れないうちにまとめたいと思います。

サラリーマンが着るスーツの色分け

スーツの色は大きく分けて4つの色に分かれます。
紺(ネイビー)系、グレー系、黒系、茶色系

スーツの色には意味があることをご存知でしょうか??

紺(ネイビー)系

組織、向上心、忠誠

会社に属するサラリーマンが会社に対して忠誠を誓っていると、この色を選びがちになるそうです。
逆にこの色が少ない会社は転職を考えている人が多いのかもしれませんね。(あくまで個人の見解です)

グレー系

中立、冷静

社内でグレーのスーツを着ている人が多い場合、自分は決して会社人間ではなく、会社との距離を一定に保ちたい人が多いかもしれませんね。

茶色系

独立、隠居

ベンチャー系の社長やすでに定年退職している人が着用することが多いそうです。また、会社に対してすでに見放している場合に、茶系を着ることがあるそうです。

黒系

秘密、洗練

新卒で最初に買うのは黒系が多いのでないでしょうか?新人のときは良いですが、ある程度年数を重ねた場合、黒は卒業するのが無難かもしれませんね。見る人によっては新人だと思う人もいるかも知れません。

まとめ

今回はスーツに当てはめて説明しましたが、これはカバンなどスーツ以外の小物類にも当てはまるそうです。

例えば、カバンを茶系のものに変更したなどです。

そんな筆者も数年前に転職していますが、辞める数ヶ月前に茶色のカバンに変えており、そういえば上記の茶色に少し当てはまってるんだなーと思い返した次第です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメント