お得にタイヤ交換する方法とは?

現在使用しているタイヤが7年経過しており、ディーラーから点検のたびに、タイヤ交換を勧められていました。

ディーラーから貰った見積書をみて、あまりの金額の高さにずっと交換を躊躇してました。
現在18インチのタイヤなので高額なのは覚悟してますが、それでも最低15万近くからでは、ちょっとためらってしまいます。

そこで安くタイヤ交換する方法がないかネットを探したところ、TIREHOOD (タイヤフッド)というサービスがあることを知りました。

今回は、TIREHOOD (タイヤフッド)を実際に使ってみたので、その内容を記事にしたいと思います。

TIREHOOD(タイヤフッド)の特徴

TIREHOOD (タイヤフッド)はタイヤの購入と取付予約が同時にできるサービスです。
タイヤのサイズをきちんと把握していれば誰でも簡単に申し込めます。

タイヤの取り扱いは?

取り扱うタイヤは国内・海外の一流ブランドのみです。

国内メーカーだとブリジストン、ダンロップ、ヨコハマ、トーヨータイヤ

国外メーカーだとミシュラン、ハンコック、ピレリ、コンチネンタル、グッドイヤー

タイヤの取付場所は?

TIREHOOD (タイヤフッド)はガソリンスタンドを中心に、全国に取付店舗網があります。
最寄りのガソリンスタンドに予約して、予約した日に手ぶらで店舗に行くだけです。

TIREHOOD(タイヤフッド)の購入から取付までを詳細レポート

タイヤのサイズをチェック

現在使用しているタイヤの側面(サイドウォール)をみて、タイヤのサイズを把握します。

タイヤサイズの確認方法

「205/65R15」という表記がされていると思います。

この見方としては以下の通りです。

タイヤ幅(mm)

タイヤ幅とはタイヤの断面幅です。
205mm = 20.5cm の横幅です。

扁平率(%)

タイヤの高さ÷タイヤ幅×100で求めることができます。
幅に対する割合で断面の高さを表しています。
数値が小さいほど断面の薄いタイヤ、大きければ厚いタイヤとなります。

リム径

ホイールのリムの直径をインチで表記しています。
一般的に「15インチ」や「17インチ」などと呼ばれるのはこの数値のことです。

タイヤを検索

上記で調べたタイヤのサイズを元に検索しましょう。

かんたんタイヤ検索

なお、「車種から探す」、「ブランドから探す」ことも可能です。

タイヤを選択

検索結果より、気に入ったメーカーのタイヤを選択します。

検索結果からタイヤ選択

ベストセラー、人気商品などのタグがついているので、どれか迷う場合はそういったタグがついた商品を選択すると間違いがないと思います。

筆者はベストセラーの商品を選択しました。

料金、本数、オプションの確認

ここではタイヤの本数やオプションの設定を行います。

料金、本数、オプションの確認

取付予約する

取付を別でする場合は、チェックを外します。

パンクプレミアム保証に加入する

延長保証が不要な場合は、チェックを外します。

タイヤ交換 / 取付店舗を探す

次に取付店舗を探します。
郵便番号か「現在地から探す」で検索します。

タイヤ交換 / 取付店舗を探す

検索結果の地図から選択するか もしくは 店舗の一覧から選択できます。

店舗一覧からの方が、評価順などの条件でソートができるので、店舗一覧から選んだ方が良さそうです。

店舗一覧

※検索地域は適当に選択しています。

取り付け可能な日時を確認

取り付け可能な日を選択し、時間を指定します。

取り付け可能な日時を確認

購入手続きに進みます。

購入手続きへ進む

ゲストで購入 または 新規会員登録

購入する際に会員登録するかゲスト購入するか選択できます。
すでにアカウントがあるかたはログインしましょう。

ゲストで購入 または 新規会員登録

支払い方法選択

支払い方法を選択します。
クレジットカード、銀行振込、ショッピングローンから選択できます。

支払い方法

店舗取付情報の入力

店舗取付情報を入力します。
緊急連絡先、取り付ける車体の情報(メーカー、カラー、ナンバー)取付店への要望を入力します。

店舗取付情報の入力

注文内容の確認へと進み、確定すると申し込みは完了です。

申し込みから取付までの間

タイヤの発送状況などが逐一メールで届くので、取付まで安心して待ってられます。

取付当日

取付当日は申し込んだ時間に取付店舗に向かいます。

店舗での受付

店舗に入店すると受付をしました。
必要事項を記入します。

タイヤ交換作業へ

受付完了後はすぐに交換作業に入りました。
待ち時間がないのは本当に良いですね!
作業時間はおおよそ30分ほどで完了しました。

タイヤ交換作業には以下の作業がすべて含まれているので
追加料金などはいっさい発生しませんでした。

  • タイヤを車体から脱着
  • タイヤとホイルの組み換え
  • バランス調整
  • ゴムバルブ交換
  • 廃タイヤ・廃ホイール処分

どのくらいお得に交換できたか?

今回交換したタイヤと同じタイヤの見積もりをディーラーから貰っていたので比較してみます!

TIREHOOD (タイヤフッド)で掛かった費用は以下の通りです。

項目 料金
商品価格 計 52,624(円)
取付料金 計 12,760(円)
保証料金 計 7,892(円)
送料 4,400(円)
合計 77,676(円)

 

ディーラーからの見積もりは以下でした。

項目 料金
商品価格 計 130,032(円)
工賃 11,664(円)
その他 ※ 2,288(円)
合計 143,984(円)

※その他はエアバルブ、バランスウェイトの費用です。

なんとほぼ半額という結果になりました。

これだと断然、TIREHOOD (タイヤフッド)でタイヤ交換した方がお得です。

まとめ

今回初めてTIREHOOD (タイヤフッド)のサービスを利用させていただきました。

申し込みから取付までとても簡単かつリーズナブルでした。
次回も使用させていただこうと思いました。

タイヤ交換を安く済ませたい方はぜひ利用してみることをオススメします!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント