旅行におすすめなトラベル三脚 「マンフロット Element」

三脚 カメラ

ミラーレスカメラを買ったら、旅行でカッコいい写真や綺麗な写真を撮りたいですよね?

手持ちの撮影でも可能ですが、三脚があると写真の幅が広がりますよ。

特に、夜景を撮る際は必須のアイテムとなりますので、旅行のお供にいかがでしょうか?

今回は三脚をお持ちでない方や旅行に三脚を持って行こうと考えている方へ、筆者が実際に購入した三脚を紹介したいと思います。

コンパクトな三脚なので旅行以外でもちょっとしたお出掛けにも持っていくことが可能です。

旅行用の三脚に求められる性能とは?

旅行に持っていける三脚を探すポイントとしては以下の項目があります。

  • 伸長・縮長
  • 耐荷重
  • 素材
  • 雲台のタイプ

伸長・縮長

伸長とはエレベータ部分を含めた最大の全高です。高さを必要とする撮影の場合、高さを考慮する必要があります。

例えば子供の運動会などの大勢の人が三脚を用いて撮影する場合、高さがないと前の人に重なってしまいます。

縮長とは足を畳んだ収納時の最小サイズです。
飛行機の場合、機内に持ち込めるサイズが決められています。

耐荷重

三脚が耐えられる機材重量です。

自分の持っている機材(カメラとレンズ)より大きめの物を選ぶ必要があります。

制限ギリギリのものを使うと、三脚が転倒してしまい、大切なカメラを壊してしまう危険性があります。

素材

次に、素材です。
三脚に使用されている素材はカーボンかアルミになります。

カーボンはアルミより軽量で振動に優れていますが、その分高価な三脚となります。

旅行では移動が多くなるもの、重い三脚を持ち運びながらでは観光どころではなくなってしまいますね。

重さの目安としては1kg前後が良いかと思います。

雲台のタイプ

雲台のタイプにはさまざまあります。

主な雲台としては、自由雲台、3WAY雲台、ビデオ雲台があります。

旅行用としては自由雲台が最適かと思います。自由雲台は稼働させる部分がボール状となっており、収納時にコンパクトになります。

3WAY雲台は3方向の角度を個別に調整できるレバーが付いており、収納時にそのレバーがかさばることになります。

最終的に選んだ旅行用三脚

筆者はManfrotto社の「Element トラベル三脚」を選びました。

Manfrotto社はイタリアのメーカーで、他のメーカーに比べるとおしゃれなデザインが特徴です。

最終的な決め手としては、上記で述べた点を全てクリアしているのと、価格もお手頃であったためです。

Element トラベル三脚 スペック

主なスペックは以下の通りです。

素材 アルミ
重量 1.15kg
耐荷重 4kg
最伸長 1430mm
最低高 360mm
縮長 320mm
雲台タイプ 自由雲台
値段 1万円以内

 

候補とした製品

最後まで迷った商品も紹介させていただきますね。

Manfrotto Element トラベル三脚 スモール カーボン

同じManfrotto社でカーボン製のトラベル三脚です。

アルミに比べると1万円ほどお高いですが、アルミ製に比べ100gほど軽い製品となっています。予算に余裕のある方はこちらがおすすめです!

Velbon トラベル三脚 ULTREK UT-43 II

日本メーカーのベルボン社で「UT-43 II」という製品です。

こちらは2019年06月に登場したばかりの製品です。

締まった時の縮長が275mmとElementよりさらにコンパクトにすることができます。

新製品のためまだ2万円ほどと少しお高いため筆者は見送ることとしました。

 

最後に

今回は旅行に最適なトラベル三脚を紹介させていただきました。
三脚があると写真の幅が広がるので、一台は持っておいた方が良いアイテムです。

ぜひ手にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント