北海道 3泊4日車中泊の旅(3日目)羽幌〜札幌

旅行

3日目は今回の旅の目的地である稚内に向かいます。
稚内に向かう途中の雄大な景色は忘れることはないでしょう。

羽幌町から稚内市へ

前日車中泊した羽幌町から稚内までは約2時間かかりました。
道中はずっと海沿いでしたので、景色を楽しみながらドライブすることができました。
道路も空いていて走りやすかったです。
また、稚内に近づくにつれ、利尻島が徐々に大きくなる様はとても絶景でした。

駐車場からの利尻島

駐車場からの利尻島

 

駐車場からの雄大な景色

駐車場からの雄大な景色

ノシャップ岬

稚内に到着してからすぐに温泉に入りたかったので、近くの童夢温泉に向かうことにしました。
9時45分からオープンでしたので、近くのノシャップ岬を観光することにしました。

ノシャップ岬の周辺には数点の飲食店とお土産屋さんがありました。
到着したのは9時ごろでしたが、どこもオープンしていました。

名物のウニ丼でも食べようかと思いましたが、他にお客さんがいなさそうでしたので、温泉に入ってからにしようと思い、温泉に向かうことにしました。

 

ノシャップ岬からの風景

ノシャップ岬からの風景

 

童夢温泉

温泉がオープンしましたので、オープンと同時に温泉に入りました。
観光客よりは地元のお年寄りが多い印象でした。

温泉内には大浴槽、寝湯、露天風呂、打たせ湯、サウナなど色々あり、とても気持ちよかったです。

温泉の色は茶色でした。

温泉施設内には休憩所もあるので、温泉入った後もゆったりとくつろぐことができました。

以前は2階に食堂があったようでした、残念ながら閉店していました。

稚内駅でランチ

今日こそはしっかりとランチを食べようと思い、先ほどのノシャップ岬の食堂を見てみましたが、誰もいなかったので、稚内駅に行ってみることにしました。

駅の近くに「道の駅わっかない」があったので、そこに車を止めて周辺を散策することにしました。

稚内駅のすぐ近くに「夢広場」という割と大きめの飲食店があったので、そこに入ってみることにしました。

お食事処夢食館北市場
最北端の老舗…北市場!稚内近海で獲れた新鮮な海産物を格安な価格でご提供!

入店すると客が誰もいませんでした。
入店後にネットで店の評価を調べるとあまりよくないみたいでした・・・。
しっかりと調べてから入店すればよかったとちょっと後悔しました。

しかし、入店してしまったので、五色丼を注文しました。
ネットには注文してからすぐに出てこないなどの書き込みがありましたが、すぐに出てきたのでそこは安心しました。

味もその時は特に悪くないと思いました。
ホタテがちょっと解凍っぽかったですが・・・。
(翌日、石狩で同じような海鮮丼を食べましたが、そっちの方が断然美味しかったです・・・)

夢広場で注文した五色丼

注文した五色丼

白い貝殻の道

ランチを済ませ、北海道の最北端にある宗谷岬に向かうことにしました。
宗谷岬の近くに某充電旅で紹介されていた白い貝殻の道に寄ることにしました。

白い貝殻の道は車1台が通れる道幅でした。
途中に行き違いできるスペースが多く設けられていましたが、観光客が殺到したらカオスになるんじゃないかと心配しました。

しかし、白い道が延々と続くので、絶景スポットが多く、ついつい写真を撮りまくってしまいました。

あいにくの曇り空でしたが、それでも満足のいく写真がたくさん撮れたのでよかったです。

白い貝殻の道

白い貝殻の道

 

白い貝殻の道(頂上付近)

白い貝殻の道(頂上付近)

白い貝殻の道が終わったあたりで、ヘビを咥えたキツネに出会うことができました。
車で近づくとこちらを警戒して立ち止まってくれました。

 

ヘビを咥えたキツネ

ヘビを咥えたキツネ

宗谷岬

白い貝殻の道を抜けるといよいよ最北端の宗谷岬です。
ここまで長旅でしたが、北海道の景色をみながらのドライブでしたので、とても有意義でした。

平日のためか宗谷岬でも観光客はまばらでした。

駐車場にホタテラーメン発祥のお店がありましたが、ここには観光客がいっぱいでしたので、今回はスルーすることにしました。
あまりお腹も減っていなかったので・・・。

日本最北端の地の碑

日本最北端の地の碑

日本最北端の地の碑の前で延々と撮影に勤しむYoutuberっぽい方々がいました。
プレッシャーを与えたところ、快く譲ってもらいました。

 

宗谷岬からの風景

宗谷岬からの風景

 

宗谷岬 から 道の駅 えんべつ富士見 へ

宗谷岬を満喫した後はどこへ向かおうか迷いましたが、2日間あまり寝れずに来ていたので、最終日は車中泊ではなくホテルに泊まることにしました。
さすがに疲れがピークに達していました。

ホテルを探したところ札幌のホテルが一番安かったので、宗谷岬から札幌まで帰ることにしました。

海岸沿いを帰りたかったので、一旦稚内まで戻り、来た道を引き返すことにしました。

宗谷岬から2時間運転してきて、ちょっと疲れたので途中の「道の駅 えんべつ富士見」で休憩することにしました。

そこで食べたコーヒーソフトがとても美味しかったです。
ソフトクリームがとても濃厚でした。

 

道の駅 おびら鰊番屋

前日に立ち寄った「道の駅 おびら鰊番屋」にも休憩がてら立ち寄りました。
前日はもう暗くて風景を楽しめませんでしたが、まだ日もあったので写真を撮りました。

夕陽が見れそうでしたので、夕陽が撮影できそうな留萌を目指すことにしました。

 

道の駅 おびら鰊番屋からの風景

道の駅 おびら鰊番屋からの風景

道の駅 おびら鰊番屋からの風景

留萌で夕陽

「留萌 夕陽」で夕陽スポットを検索したところ黄金岬が紹介されていました。

黄金岬もよかったのですが、その先に「ゴールデンビーチるもい」があり、駐車場が広かったので、そちらで夕陽を撮影することにしました。

初めて夕陽を撮影しましたが、いい感じに撮れたんじゃないかと思います。

旅行中ずっと曇りがちでしたので、北海道で夕陽が見れて感無量です。

留萌からの夕陽

留萌からの夕陽

留萌からの夕陽

札幌ビューホテル大通公園

留萌から札幌までは2時間かかりました。
到着したのは20時くらいでした。

札幌ビューホテルは感染症対策がしっかりされており、安心して滞在することができました。

 

近くの寿司屋で夕飯

無事にホテルに到着したので、近くの寿司屋で夕飯を食べることにしました。
普段なら入らないような高そうな寿司屋に入ることにしました。

ここでは握り9貫とゲソ焼きとビールを注文しました。
回転寿司と違い、客の食べ方をみて握りを出してくれるので、一人でしたが居心地がとてもよかったです。

ホテルに戻る途中のコンビニで明日の朝食を購入し、ホテルでゆっくり過ごせました。
テレビをみながらのんびりするのはやはり良いものです。

3日目のまとめ

羽幌町 から 稚内 約130キロ
稚内 から 宗谷岬 約62キロ(往復)
稚内 から 留萌 約180キロ
留萌 から 札幌 約152キロ

3日目だけで約524キロを移動しました。
1日でこんなに運転したのは初めてだと思います。
疲れはしましたが、とても有意義なドライブでした。

ホテルでもぐっすりと眠ることができました。
車中泊で4日も過ごすのはさすがに無理があったかもしれません。

旅行
シェアする
tanakasanjiをフォローする



Self growth

コメント