車を手放すことにした

2023年 車を手放すことを決意

2022年の年末にふと今後の家計のことが気になったので、家計を見直しました。

今までは家計を気にせず、使いたい時に使ってしまっている状態でした。

2023年からはこの状態を改善させ、家計を管理し、資産を徐々に増やしていきたいと考えています。

家計の見直しを行う上で、今後の生活パターンを3つ考え、それぞれどのくらいの資産を構築できるか考えました。

パターンは以下の3つ

  1. 車、バイクをそのまま所有する
  2. 車を手放し、バイクのみ所有する
  3. 車、バイク両方を手放す

シミュレーションした結果、「1.車、バイクをそのまま所有する」のパターンだけ資産が増えないことが分かりました。

なので、車を手放してみようと思った次第です。

 

今までの車の用途を見直し

独身のときは車自体が好きで、自由に車いじりやドライブを楽しんでいました。

スポーツカータイプの車に乗っていたこともあり、給料の大部分を車につぎ込んでしまっていました。

今考えると、なんともったいないことをしていたのかと後悔しています。

結婚してからは、子供が小さい時は保育園の送り・迎えや、通院等で結構頻繁に使っていましたが、子供大きくなってからは、買い物ぐらいでしか使っていない状態でした。

それでも自由に車を使える生活に慣れきっていたので、なんの疑問ももたずに車を所有し続けていました。

現在はカーシェアが普及し、都会であれば車を気軽に使える状態になってます。

車を所有するのではなく、今後はカーシェアやレンタカーで十分だという考えに変わっていきました。

 

車を所有していることで発生するコスト

車を所有していると以下のコストが発生します。

  • 自動車税
  • 自動車保険
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 車検代
  • メンテナンス費用

筆者は普通車に乗っていて、年間の走行距離が5000キロにも満たないので、上記の費用を1か月でみた場合、おおよそ2万円ほどのコストが掛かっていました。

これに自動車ローンもあると結構な金額が掛かることになります。

 

車所有のメリット

車を所有していると以下のメリットがあると考えられます。

  • 車を使いたい時に使える
  • 駐車場が比較的近い
  • 自分の好みに応じてカスタマイズできる
  • 自分の好きな車種に乗れる
  • 地方だと車がないと生活出来ない

 

車所有のデメリット

車を所有していると以下のデメリットがあると考えられます。

  • 維持費がかかる
  • 定期的にメンテナンス、洗車などが必要
  • 購入時にいろいろ経費が掛かる
  • 都心だと電車、バスの利用で十分

 

売却までの流れ

これから売却先を検討していくので、売却が完了した際にまとめたいとおもいます。

以前、車の買い替えする時にオートバックスで査定してもらったことがあるので、以下もみて頂けると幸いです。

オートバックスで買取査定 どうだった?
現在、車買い替えを検討している筆者ですが、先日オートバックスでバッテリー交換をしたついでに買取査定をしてもらうことにしました。 オートバックスでの買取査定はどんな感じだったのでしょうか? オートバックスの買取査定ですが、オリコン...

 

まとめ

車を長年維持してきた者が、車を手放すことはとても勇気がいることですが、この決断が良かったと確信しているので、車を手放すことを検討している方の参考になればとおもいます。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

シェアする
tanakasanjiをフォローする



Self growth

コメント